横浜の塾なら「横浜の個別指導塾REO」 横浜駅から徒歩5分の個別指導塾



不登校は特別なことじゃない!目標に向けた進路指導でサポート

カウンセリングによる
学習意欲の引き出し

まず周囲の大人は理解から。
「学校へ行きたくない」というよりも、「部屋から外へ出たくない」「人と接することをしたくない」
もしくは「できない」というケースの不登校生。
 こういった生徒達は、単に「やる気がない」のではなく、心の病気や、発達障がい、
あるいは極度のストレスが原因となっている場合が少なくないということを、
まず周囲の大人は理解をしなければなりません。

「これからは厳しくしよう」と接しても逆効果

「今までが甘やかしすぎたんだ、これからは厳しくしよう」などといって接しても、すでに不登校の状態になってからでは逆効果です。
無理やりに学校まで引きずるように連れて行って不登校を克服した、などのケースを真似たりしてはいけません、そういった対処が通用する時代ではないのです。
だからといって、放っておいては親子ともにストレスがたまり、なんの改善にもならないことがあります。
少しだけでも良いから外へ出るようにして欲しいと保護者が思うのと同じように、少しは外へ出た方が良いのかな、などと生徒本人が思っていたりするものです。
いくら病気だからといって、夜中までゲームばかりしていて昼間は寝ている、というような生活が望ましいわけがありません。


効果的なのはカウンセリング
そういったことに効果的なのは、学校ではなく不登校生を受け入れてもらえる専門的な各施設の利用、いわゆるカウンセリングです。
遊んだり、音楽や美術にいそしんだり、他人との会話をしたりすることで、心の負担が軽くなります。
また、自分の部屋から出て、自宅から出て、そういった施設へ足を運ぶこと自体が、社会性の維持につながります。
カウンセリングに慣れてくると、学習への欲求の生まれる生徒が現れます。
不登校生の多くは、自分自身への評価が意外と高いのです、「本気で勉強をすれば、けっこうできるはずだ」と思っている生徒は多いです。


なにかを変えたいという本人の気持ちが大切
できない自分に納得がいかずに、それが学習欲へとつながったりするのです。
そうした気持ちが芽生えていたら、または、なにかを変えたいという気持ちが少しでもあれば、「勉強」を通してメンタルサポートを行うことは可能です。
しかし、それは勉強を頑張らせる、というスタンスでは決してありません。
勉強をしてみようかなという気持ちが、欲求ではなく「焦り」から発生するケースもあります。
また、欲求のある生徒でも自分が思うほどに勉強は簡単に進むものではありません。
そして、「勉強を頑張る」ということ以前に、「勉強してみようかな」と思った時点で、本人にとっては大きな「頑張り」なのです、そこを理解してあげながら接する必要があります。


勉強が自分にとって必要なことは本人はわかっています
大きな目標をたてる必要はありません、学校の進度を気にする必要もありません。
勉強が将来の自分にとって必要なことなど、本人は頭でわかっていますから、そんなことを説く必要もありません。
まずは生徒の気持ちを理解し、尊重すること、そして決して焦らせることなく、ひとつひとつの勇気を称えながら前へ進んでいく、こうしたスタンスがREOの学習支援です。


計画は本人がこうしたいという目標が出来てから
目標ができたら、そこで、どのように進めるかを考えれば良いのです。
たとえば、高校受験をしたくなったら、そこから計画をたてれば、それで構わないのです。
それまでは焦ることなく、あくまでもメンタルサポートとしての「勉強」を実践し、好奇心や欲求の充足と、社会性の維持に努めてまいります。


不登校生の高校受験

「通信制高校」から「普通科高校」への進学の傾向

かつて、不登校生が高校進学を目指すとなった場合に、まず選択肢として挙がるのが「通信制高校」でした。

日ごろ学校へ通っていない状態のため、高校に入学してからも「通わなくて良い学校」を“無難に選ぶ”というパターンで、入学試験も実質的には行われないことが大半であるため、あまり勉強をしなくても入学できるという、不登校生にとってのメリットもありました。

しかし、「中学時代は通っていないが、高校へ入ったら普通に通学をしたい」という希望を持つ生徒は年々増えており、そうした場合は「普通科高校」への進学を目指すことになります。
例えば、イジメや人間関係の悩みで不登校になった生徒の場合、「環境さえ変われば学校へ通いたい」という気持ちを抱いていることは多く、そうした生徒は普通科への進学という道がひらけさえすれば、学校へ通っている生徒以上に勉強を頑張ることも少なくありません。


不登校生でも全日制普通科高校への受験は可能です
通常、普通科高校への進学は、調査書(内申点・学校の成績)が必要であるため、その評価が困難となる不登校生は一般入試や推薦入試ではなく「オープン入試」というシステムを利用することになります。いわゆる「入試一発勝負」というものです。

また、長期欠席の申請をすることでの一般入試も可能です。この申請によって、不登校であっても、ある程度の内申点を加味して高校受験をすることができます。

不登校であっても、学習への欲求や進学への希望を持っている生徒は増えていますし、それを叶える環境も整いつつありますので、決して高校進学をあきらめる必要はありません。


実際に出席ゼロだったREOの生徒が公立高校に合格
現に、REO個別指導塾では昨年度、一昨年度とも、中学3年時の出席がゼロだった生徒が公立高校(神奈川県立高校)への合格を果たしました。またある生徒は、私立高校へ進学をして生徒会活動を頑張っていますが、やはり中学3年間で数日しか学校へは通っていませんでした。


「高校へ通ってみたい」気持ちがあれば普通科高校の検討を
たとえ不登校であっても、本人に「高校へ通ってみたい」という気持ちがあれば、安易にサポート校や通信制という選択をする前に、普通科高校への進学を検討してあげて下さい。
まず大切なのは、学校選び。ここで本人の性格を考えて、また不登校になった原因もふまえて高校をピックアップする必要があります。自宅から近い方が面倒ではなく通いやすいという生徒もいれば、自宅から遠い方が、知っている人に会わないので通いやすいという生徒もいます。


無理のないペースで志望校対策を
次に大切なのは学力向上ですが、それを無理のないペースで、かつ志望校対策となるポイントを絞って進めてあげることが重要です。せっかく抱いた気持ちも、勉強自体が重荷になってしまえば無駄になります。
学校へ通わない状態での勉強は、ちょっとでも嫌になったら投げ出しやすいものなので、指導計画や進度の確認には細心の注意が必要です、決して自信を失わせてしまうようなことになってはなりません。


本人が評価してもらえる「居場所」が大切
そして最後に、そうやって目標に向かって一歩を踏み出したことを評価してもらえる「居場所」があるということが、不登校の彼らにとっては非常に大切であると、REOでは考えております。三日坊主になるかもしれませんし、挫折をしてしまうかもしれません、しかし、そんな不安を乗り越えて踏み出す「一歩」を、最大限に評価してあげること、それだけで彼らには、自分の「居場所」ができるのです。
REO個別指導塾では、「高校へは通ってみたい」という不登校生の高校受験を、まずは居場所づくりから、というスタンスでサポートさせていただきます。


私立一貫校生の不登校

公立中学よりも多いと感じる私立一貫校の不登校生

私立中学に合格したものの、その後に不登校状態となる生徒は急増しています。
私立中学からは正式なデータが得られていませんが、近年では公立中学よりも高い比率ではないかと感じられるほどです。


不登校となる要因は様々
私立一貫校や公立校を問わず、不登校となる要因は様々ですが、その中で多いものの一つが「人間関係づくりが苦手であること」です。
また、「挫折によるショック」が原因となっていることも多いです。
そうした理由を考えたとき、私立中学に合格した生徒が不登校になる確率が、公立中の生徒より高くなっても不思議ではありません。


環境が変わりゼロからのスタート、進度の早い授業など・・
近所の友達とは違う学校へ進学することで、一から友達づくりを始める環境。
また、同じような学力レベルの生徒が集まり、進度の早い授業が行われる環境。
小学校時代には多かった友達と急に離れてゼロからのスタートとなったり、それまではクラスの中でも優秀だったはずの成績が、「普通」やそれ以下という位置になってしまったり・・・むしろ、私立中学に合格して進学する生徒の方が、不登校になりやすい環境に置かれているとも言えます。


まずは本人の気持ちを中心にして、長い目で見た対応を
「せっかく合格したのに、もったいない」と保護者の方の多くがおっしゃいますし、そのお気持ちもお察しします。

しかし本人は、「もったいない」だけの理由では解決できないほど、大きなもの背負ってしまっているのです。
ここは、もったいないという気持ちを抑えながら、まずは本人の気持ちを中心にして、長い目で見た対応をしてあげることが大切です。


厳しいようですが転校は必ず視野にいれてあげて下さい
私立中学生が不登校になった場合、厳しいようですが転校は必ず視野にいれて今後の方向性を考えてあげて下さい。
一貫校とはいえ、出席日数が満たず、テストも受けないなどの状態であれば高校進学はできないケースが大半です。

不登校状態から学校へ復帰するも、またすぐ不登校になってしまうケースはあります。
私立中学校の中でも特に進学校と呼ばれる学校では、1日1日の学習進度が早く、学習量も多いため、休んでいた間の部分を取り戻すことは容易ではありません、復学してからも学習面での壁が大きく立ちはだかることとなり、それがまた不登校の原因となったりもします。
「もったいない」という気持ちで学校へ通うことができれば、それがベストではあります。
しかし、やはり多くのケースで、それは難しいです。


私立の性質上、公立のような家庭訪問などのサポートは難しい
また、学校の先生が様子を見に来てくれたり、本人に合わせた対応をしてくれたりすることは、私立中学の場合は意外と少ないのです。

それは、学校の先生が悪いということではなく、学校という集団教育のシステム上、仕方がないことなのです。

そして、私立中は公立中と違って、生徒が近所から通学しているわけではないので、どうしても家庭訪問などという動きは、物理的にも難しい面があるのです。


REOの私立一貫校生の不登校生への対応
REOでは私立一貫校生の不登校生へ、公立中学への編入や高校受験を見越しての学力向上と社会性の維持を目指したカリキュラムにて対応を行っております。

もともと中学受験をしている生徒は、基礎学力や学習習慣が身についていることもあり、いちど軌道に乗ると、目を見張るほど実力が上がってきます。

また、それに比例して意欲も向上するため、「せっかく中学受験したのに、また高校受験か」などと嘆く生徒は今までにおりませんでした。


広い視野と長い目でご提案ならびにサポートをいたします
むしろ、新しい環境へ向かうことが、本人の勉強をする力、生きる力を発揮させていきます。

「もったいない」と後ろ髪をひかれるだけではなく、生徒本人が持っている力、中学受験で頑張った経験、などをいかしてあげることを念頭に置いた対応こそが大切だとREOでは考えております。

転校しての高校受験などは、もちろんREOにて生徒本人に合った学校選びから受験対策まで全てを行うことができます。

また、REOでは、留学または留学準備という選択肢もサポートしており、私立一貫校の不登校生でも海外に目を向けることで目標を得たケースはありました。

いまは不登校でも、焦ることなく、また現在の学校にこだわることなく、広い視野と長い目でご提案ならびにサポートをいたしますことが、REOの使命だと考えております。



使用するテキスト

塾で使用するテキストのご紹介

横浜のREO個別指導塾で使用するテキストをご紹介いたします。
目的に合わせたテキストを準備しております。
各テキストの費用は実費のみ(1,050円~3,675円)となっております。
ご購入義務はございません。REOと相談しながら、必要なものを必要な時に使用いたします。


教科書準拠テキスト



学校でしようしている教科書と同レベルのテキストを、無理のないペースで進めていきます。
教科書準拠テキストの使用により、復学時あるいは受験時の遅れを防ぐこともできます。
教科書レベルの例題も豊富なので、忘れている範囲や、習っていない範囲の復習にも最適です。
教科書に完全準拠なので、教科書と合わせて使用することで効率もアップします。


教科書準拠 確認テスト


授業で行った範囲をテストでチェックすることで、学校へ通っていなくても達成感や意欲を増すきっかけ作りをしていきます。
喜んだり、悔しかったりしながら、次の授業を頑張りましょう。


自習用テキスト


「英語ドリル」学書 など
授業前後には、自習時間を設けることによって基礎学力とともに自立心を養います。
漢字、計算、英単語を中心に取り組みますが、自習とはいえスタッフがチェックをしますので効率よく時間を活用できます。


単元別テキスト


「新演習(必修・標準・発展)」
エデュケーショナルネットワーク
分野ごとの学習や復習には、単元別のテキストを使用します。なにが得意でなにが苦手なのかが、自分でもわかるようになり、勉強に取り組みやすくなります。
単元別テキストも例題が豊富なので、自分ひとりで復習をするために利用することができます。
わからない単元を繰り返すことで、先の単元に進む欲求が芽生えてきます。


プリント(REOオリジナル)


テキストだけではなく、REOオリジナルのプリントも使用します。
学習範囲のチェックという目的だけではなく、マンネリ防止のためにも、テキスト以外での授業も大切となります。


中学範囲まとめテキスト


高校受験、高卒認定を目指すことになりましたら、まずは中学範囲を単元別に復習します。
3年分のまとめテキストは色づかいが豊富で内容を大まかに覚えやすく思い出しやすいものを使用します。


県立高校入試対策、過去問題


「入試必修STUDY」文理など
不登校のままで高校受験をする場合には、オープン入試対策として授業を進めます。
まずはレベルに応じた入試対策テキストによって、総まとめと演習を繰り返し、得点力アップを目指します。

「神奈川県高校入試問題集EXCEED」
「神奈川県公立高校入試」
「独自入試問題集」声の教育社など



高校受験対策として、最後の仕上げは過去問演習となります。
不登校生は主に入試での得点で合否が決まりますので、志望校に傾向を合わせて繰り返しの演習をしていきます。


その他の資料



「新詳 日本史図説」浜島書店
「ドラえもんの理科おもしろ攻略」小学館など
勉強は受験のためだけではありません。
興味を持った教科に関しては、掘り下げて関心を高めていきます。
例えば、歴史に興味があるようならば資料集を、理科に興味があれば図鑑やマンガを、どんどん活用していきます。授業以外でも資料集をながめるようになるでしょう。

高卒認定(高認)

復学や編入を考えずに、高卒認定に向けて進めるケース

不登校だけれども高卒認定の勉強に励むという生徒は増え続けています。

REOの生徒でも、学校への復学や編入は全く考えずに、ひたすらに高卒認定のカリキュラムを進めているケースがあります。
高卒認定というと「高校卒業資格」のように思われる方がいらっしゃいます。 しかし、文科省の表記をみてもわかるように高校卒業「程度」を認定する試験であり、決して高卒資格が得られるものではありません。


「高卒認定」獲得の目的は大学進学
高卒認定試験とは、大学受験をする資格を得る試験と言えるでしょう。
つまり、言うならば、「いまは不登校だけれど大学へは行きたい」という生徒が増えているということです。

そして、そういった生徒達は不登校であっても非常に熱心に勉強をしているということです。
「大学へ行きたい」ということが、きっかけとなり、モチベーションにつながっているわけです。

実際、中学校や高校で雰囲気が合わずに通えなかったとしても、大学という雰囲気が合う生徒は多いです。


大学は中学・高校の環境と全く異なります
周囲との人間関係や、教師との関係、そして自分自身と勉強との関係が中学・高校と大学では全く異なってきます。

大学という自由な雰囲気でこそ、個性が生かされ、居場所が確立されることも多いため、REOでは不登校生への高卒認定そして大学受験を積極的にサポートしております。
高卒認定を目指す場合には、必須となる英数国を中心に学習を進めてまいりますが、きちんとした指導を受ければ、内容も分量も、それほど困難となるものではありません。


高卒認定を取得する学習自体は難しいものではありません
まずは中学校レベルの基礎を固めて、高校範囲の導入をスムーズに行える実力を養います。
理科や社会科の選択科目については、生徒の苦手分野と得意分野を選別し、及第点へのアプローチを進めてまいります。
いちどクリアした科目が次回の試験では免除される点も、高卒認定取得のためには効率よく生かすことができます。
このようにカリキュラムをきちんと組むことができれば、高卒認定を取得する学習自体は難しいものではありません。
困難となるのは、その学習を継続していく精神面となります。


REOは目標に向かって努力を継続していくサポートします
起床から就寝まで、自由に使える時間が多いため、どうしてもダラダラとした生活になりがちで、他の誘惑に負けてしまいやすい生活スタイルの場合は、REOでの自習を有効に活用して頂き、目標に向かって努力を継続していくサポートも行ってまいります。

大げさな努力はしなくても、こつこつと継続することで高卒認定は確実に自分のものになります。
高卒認定試験というものを通して、学習面だけではなく、精神面でも自信を得た状態で、その先の目標へ向かって頂けるように、サポートしてまいります。
海外の大学への受験や、留学に興味のある生徒、また英語に興味のある生徒のためには、アメリカやオーストラリアでの高校卒業資格認定を目指すプログラムも用意しております。

通信制またはREOへの通学によって、高校範囲と英語の学習を進めて、最終的には留学を目指すものとなります。



長期・短期留学、
留学による高卒資格

海外留学、海外の高校卒業資格取得をサポート

REOでは不登校生や高校中退生の海外留学、また海外の高校卒業資格取得をサポートしております。

REOでは、ブリッジポート・インターナショナル・アカデミー(アメリカ)や、ICET(オーストラリア)などと提携をしており、スムーズな短期あるいは長期の留学や高校卒業資格の取得を行うことが可能です。


現状を改善する方法の一つは「環境を変える」こと
不登校生が現状の改善を図る際に、効果的な方法のひとつが「環境を変えること」です。

学校に馴染めなかった生徒が転校や転居によって登校できるようになることは少なくありません。

しかし、学校に馴染めないだけではなく、近所づきあいなどの地域環境や、また日本の学校システム自体に馴染めないという場合もあります。
そのようなとき、海外へ目を向けることは、まさにガラッと環境を変える手段として適しているでしょう。


いきなりの留学ではなく、英会話などの準備から始めます
REOの場合は、いきなり留学をするわけではなく、まずは日本にて簡単な英会話を含めた留学準備の学習を進めてまいります。

最短で2ヶ月~3ヶ月、最長の場合は1年以上じっくりと準備を進めて、提携校への留学となります。

REOの提携校は、全て日本人スタッフが常駐しており、また留学中にも、インターネットを利用してレポート作成や学習相談などをREOスタッフが継続して担当いたします。


あっせんではありません。卒業までサポートします。
つまり、留学あっせんではなく、準備から卒業まで全てのサポートを行いますので、海外が初めての生徒や、英語が苦手な生徒でもご安心頂けます。

一定の単位を取得することで卒業となり、日本の高校卒業資格と同等の認定を得られますので、そこからは日本の大学を受験することもできますし、海外の大学を受験することも可能です。

アメリカ本土であれば、REOの提携大学へ推薦制度も利用することができます。


短期留学もOK
また、海外ということに抵抗のある方には、REOの短期留学もご用意いたしております。

実際に、2週間程度の短期留学経験を経たことで興味を持ち、本格的な海外での高校進学を目指すことになった生徒さんはいらっしゃいます。

アメリカやオーストラリア、カナダなどでは、やはり日本とは違った風土があり、そこで接する人々も含めて、現状とは大きく環境を変えることができます。


留学により、変化への大きなきっかけを得てください
環境を変えたい、英語を話せるようになりたい、自分を変えたい、など、海外へ飛び出す理由は、どんなものでも良いと思います。

そこで、漠然と海外へ行くのではなく、受け入れ体制の整っている場所へ、きちんと準備をして行って頂き、その後もサポートをすることで、大きなきっかけを得て頂きたいと願っております。



不登校生向け
家庭教師サポート

不登校生対応の講師が家庭教師という形でご自宅へお伺いします。
通塾が難しい場合、通塾に不安のある場合などは、ご自宅でのサポートを行います。


学習サポート
基礎学力の定着、学校内容の補習、受験対策など、生徒に合わせた学習内容を、生徒に合わせたペースで進めてまいります。
ご自宅にある教材や通信教材を使用することも可能ですし、生徒に合った教材をREOからご提案させて頂くことも可能です。
進路、受験相談
REOへの通塾と同様に、進路相談や高卒認定・受験のご相談は担当スタッフが責任を持って承ります。
特に難しい進路選択につきまして、REOでは20校以上の不登校受け入れ校とのネットワークがございますので、生徒に合った選択肢をご提案できます。
例年、公立高校、私立高校いずれにも不登校受験にて生徒を送りだしており、また、高卒認定試験、大学受験の対策も生徒に合わせたカリキュラムで進められますので安心です。


メンタルサポート
不登校対応の講師がお伺いしますので、精神面でのケアも重視しながらサポートを行います。
特に家庭教師スタイルのデメリットである「外出機会の減少」を改善するため、共に外出をすることや、それを促すことも怠りません。
学習面だけではなく、社会性やコミュニケーション能力の維持向上にも努めてまいります。


保護者サポート
ある意味で、本当にサポートが必要なのは保護者の方であるケースは少なくありません。
REOでは保護者の方からのヒアリング、また他の保護者の方との懇親会の開催なども行い、保護者の方がひとりで悩みやストレスを抱えてしまわないよう、そのケアに取り組んでおります。
保護者の方が少しでも楽になることは、本人のためにも重要であるとREOでは考えております。

神奈川県、東京都(一部地域を除く)に不登校対応の家庭教師サービスを行っております。


生徒の声

REOに通う生徒の声

プライバシー保護のため、一部の内容(名前や学校名)を修正しております。


現在はクラブ、生徒会などで多忙な日々を送っていますが・・・
現在、息子の大輔(仮名)は都内私立高校2年生で、サッカー部に所属し生徒会活動も行っており多忙な日々を送っております。朝早くに家を出て、帰宅は暗くなってからで、土日も部活の練習や試合があり、ほとんど自宅にはいない状態です。

そんな大輔も、中学1年の夏休みから1年以上もの間は、自分の部屋から全く出てこない生活を続けていました。当然、学校にも行かず、遊びや買い物に出ることもありませんでした。

はじめは学校へ行かないだけで、食事をしたりテレビをみるために自分の部屋から出てきたりもしていたのですが、そのうちトイレ以外は出てこない、という生活になりました。


1年以上、部屋にとじこもり、親との会話もなく、辛い日々でした
無料体験の当日は、私もついていこうとしたのですが、「ひとりで良いよ」と言い張ったため、無事にたどり着くのかは心配でしたが、ひとりで行くのを送りだしました。

REOさんからは、「英語でも数学でもどの科目でも、わからない問題などは持ってきて良いですよ」と言われていたのですが、本人はシャープペンシル1本だけしか持たずに出て行ってしまいました。

しかし、無料体験を終えて帰宅した息子が「REOでやってみようかと思う」などと言い出したので、私は驚いてしまいました。


無料体験の結果、的確な指摘をいただきました
母親の私は専業主婦でしたので、朝からずっと息子と一緒に自宅へいるのに会話もしないという時間が続き、辛い日々でした。当初は、担任の先生が自宅へ訪れてきて下さったりしていましたが、大輔が部屋から出てこない日が続いたからか、先生がいらっしゃることもなくなりました。

1年以上も学校へ行かず、勉強もしていない状態で、この先どうなってしまうのだろうと不安でたまらない気持が募る一方、たまに大輔へそんな話をしてみても、「別に」「どうでもいいよ」などと気のない返事しか返ってこず、すぐに部屋へ戻ってしまう始末でした。


ある日、「この塾に行ってみようかと思う」と言い出しました
学校へ行っていれば中学2年生となり、半年が過ぎたある日、大輔が突然「この塾に行ってみようかと思う」と言ってパソコンからプリントアウトして見せてきたのがREOさんの載っていた記事でした。

そこには、不登校の生徒がREOにて勉強に励み、海外へ留学したという話などが載っていました。

「留学したいの?」と聞く私に、「留学じゃねえよ、高校受験するんだよ」と、ぶっきらぼうに大輔は答えてきました。ぶっきらぼうではありましたが、親子で前向きな会話をしていることに私は嬉しくて涙をこらえきれませんでした。

正直、REOさんの名前はそれまで全く知りませんでした。大輔はインターネットを通して様々な不登校生について調べていたらしく、またその中で知り合ったひとりの不登校生からREOさんの存在を教えて頂いたようです。

そして今度はREOさんについてインターネットで調べてみて、自分も高校受験をしたいと思い、母親である私に頼んできたということでした。


「行ける高校ならどこでも・・・」から「この高校に行きたい」へ
REOさんでの通塾も続き、高校を選ぶ時期となりました。当初は「行ける所ならどこでも…」というのが本音でしたが、いくつもの高校から選んで受験をできるまでに実力がついてきたとのこと。

本人は熱心に「サッカー部の活動」に注目して高校を選んでいました。そして、公立と私立いずれもオープン入試で受験を行い、無事に両校ともに合格を頂くことができました。
高校入学以来、一度も学校を休んでいません
結果として、第一志望であった私立高校を大輔は選択しました。決め手は、やはりサッカー部の活動だそうです。
公立高校の方が自宅からは近かったので、遠い方の学校を選ぶことに一抹の不安はあったのですが、全く心配はいりませんでした。


高校入学以来、一度も学校を休んだことはありません。

結果として、第一志望であった私立高校を大輔は選択しました。決め手は、やはりサッカー部の活動だそうです。
学生の頃には、ほとんど自宅にいた大輔が、高校生となった今ではほとんど自宅にいない生活。

そんな生活を嬉しく思っており、そこまで導いて下さいましたREOさんへ感謝の念は尽きません。本当にありがとうございました。
今日も日課となっている大輔の汚いユニフォームの洗濯を喜びながらしております。





お支払い方法

お支払い方法、解約についてのご説明をいたします。


お支払い方法について



クレジットローンでの契約や高額教材のセット販売、チケットによる前払い制などは行っておりません。
安心してご利用をいただける、お支払い方法となっております。

授業料、施設管理費
原則として、毎月々の口座振替によるお支払いとなります。
お口座は、銀行、信用金庫、郵便局からお選びいただけます。
授業時間数やコースが変更となった場合は、口座振替の金額も変更となります。

初回のお支払い
口座振替の手続きが完了するまでの期間分は、お振込みにてお支払いをお願いしております。

追加授業
授業を追加した場合は、その分をお振込みにてお支払いをお願いしております。

テキスト、模試、講習など
授業料以外の費用は、原則としてお振込みにてお支払いをお願いしております。

テキスト:1,050円~3,675円
模試:3,500円~4,200円

シーズンレッスン(短期の期間限定授業)
お振込みでのお支払いをお願いしております。

口座振替以外のお支払い方法もご相談を承っておりますが、生徒が現金を持ってきて月謝の支払いを行うパターンは、安全管理上の理由からお勧めしておりませんので、ご了承下さい。


解約、中途解除(退会)について



クーリング・オフ
入会申込書の作成より2週間のクーリング・オフ期間を設けております。
この期間であれば、無条件に中途解約をさせていただき、すでにお支払い済みの費用などは全額返金をさせていただきますので、ご安心下さい。

退会の手続き
お電話またはE-mailにてご連絡で、中途退会の手続きは承ります。
「○ヶ月は解約できない」「年間契約」等の規定はございませんのでご安心下さい。

退会金、違約金
中途退会に伴いまして、あらためて費用が発生することはございません。
ご入会金、テキスト購入代金の返金は行えませんので、あらかじめご了承下さいませ。
中途退会後、あるいは授業契約の終了後に授業料の過納金が発生していた場合には、返金をさせていただきます。

シーズンレッスン(短期の期間限定授業)につきましては、その性質上、原則として中途退会やクーリング・オフは適用外となりますので、あらかじめご了承下さいませ。



留学サポート

不登校生・中退生へ安心できる留学をREO留学サポート

REO留学サポートがご提供するのは、
国内、国外で通用する高校卒業資格。また、英語力やコミュニケーション能力。
そして、かけがえのない経験と思い出、そして、大きな自信です。

英語が話せなくても、英語が苦手でも大丈夫!
1~2週間の短期留学、3年間の長期留学、どんなスタイルでもOKです!
どこの国にするのか、どんな学校にするのか、その段階からサポートいたします!

<英語バージョン>


<日本語バージョン>


<留学サポートの流れ>



<留学体験レポート>






僕は、自分に自信が持てませんでした。そして、高校を辞めてしまいました。そんな時にREOの先生に「辞めちゃったのはしょうがないよ。ついでにアメリカに行って英語ペラペラになってきなよ。」と言われその気になってしまいました。コミュニティーカレッジに進めば、高校の資格も取れるそうですが、僕は英語がペラペラになれれば少しは自信が出るかもしれません。






もし僕が留学したら、世界の人々と英語を話して、世界を身近に体感したいと思っています。せっかくのチャンスをむだにはしないようにしたいです。英会話の話す事が重要だと思います。楽しみです。


留学サポートスタッフご紹介



岩崎 宗仁

AJ国際留学支援センター 代表
NPO留学協会 理事
留学協会認定 留学アドバイザー
British Council公認 留学カウンセラー
Education NewZealand認定 スペシャリストエージェント


留学サポートに関するお問い合わせ



株式会社REO 留学サポート事業部
● TEL 0120-100-395
● mail info@reo.co.jp
お問い合わせフォーム
「留学について~」とお気軽にお問い合わせ下さい。

いつでもプラン

曜日や時間帯を定めずに、いつでも好きなときに通えます!

こんな生徒さんにおすすめです。


「決まった時間に通うのは、ちょっと自信がない」
「いつでも、行けそうなときに通いたい」
「まずは塾に慣れることから始めたい」
「学校がわりに多く通いたいけれど費用が心配」

そんな生徒さんにおすすめなのが
「いつでもプラン」です。


自分のペースではじめられます。相談もできるから安心!
スタッフから課題をもらったり、ご自分の教材を使ったり、やりやすい方法で勉強をすすめることができます。
通常コースと同様に、進路相談、学習相談、カウンセリングもうけたまわります。
塾内にて模擬テストの受験も可能です。同学年内での実力判定を行うことができます。

2つのコースから選べます。

● ポイントコース


通塾したぶんだけの費用を頂きます。
月ごとに通塾した時間数をカウントし、
その分だけお支払いを頂きます。
決まった時間に通える自信のない方は、
無駄がないので安心です。

● フリーコース


月々一定額のお支払いとなります。
月に何時間でも通って頂いて大丈夫です。
多く通う場合でも費用が一定額ですので
安心です。

通塾可能日時:平日10時〜15時
対象学年:小学3年生〜中学3年生 ※16歳以上の方は個別にご相談下さい。

ご注意
講師密着型の個別指導による学習スタイルではございません。
完全個別指導をご希望の場合は、不登校コースの個別指導をご利用下さい。


いつでもプランについてのお問い合わせ




お問い合わせフォームにてお気軽にお問い合わせ下さい。

株式会社REO 不登校サポート事業部:0120-100-395