横浜の塾なら「横浜の個別指導塾REO」 横浜駅から徒歩5分の個別指導塾



勉強が嫌いなのは大人も同じ、嫌いものを乗り越える力がつく

勉強が苦手な小学生

苦手な科目、勉強が嫌いといった小学生のために

苦手な科目や勉強嫌いの原因は限られています
小学生の場合、例えば苦手な科目がでてきたり、勉強が嫌いになってきたりしたとき、その原因は限られています。中学生や高校生ほど複雑な事情を抱えていることはほとんどないため、いくつかの習慣を直してあげるだけで、学習面が安定したりもします。
例えば、ノートへの文字の書き方を直してあげたり、またあるいは、繰り返す・見なおすという作業を教えてあげたり、という習慣面のケアが学習面に大きな影響を与えているのが小学生といえます。


生活習慣の改善だけで学習効果は高まります
もちろん、中学生や高校生でも、普段の生活習慣がそのまま学習に反映されるものですが、意思によって何とかなるのが中高生、なんともならず、生活習慣がそのまま成績に表れてしまうのが小学生でしょう。中高生は意思が行動となり、小学生は習慣がそのまま行動になるため、そこの改善だけで学習効果は高まります。

「寝坊ばかりしている家庭に、朝は早く起きる習慣を促したところ、子供の成績が伸びた」というような話は実際に多いですし、確かな学習根拠もあるのです。
ただし、逆に言うと、簡単に直せないほどの習慣がついてしまっていると、いくら勉強を頑張っても学習効果はなかなか上がりません。


生活習慣を変えることなく「勉強しなさい」は逆効果
人の話を最後まで聞けない。忘れ物が多い。ゲーム中心の生活。そうした習慣は、間違いなく学習面にマイナスとなるのですが、一朝一夕に直すことができない子供も少なくないでしょう。しかし、こうした習慣を改善せずに、勉強だけ「やりなさい、やりなさい」と与えても、効果はありません。むしと、勉強を嫌なものにさせてしまうだけです。
小学生の段階では、「勉強をするということ」だけではなく、生活を通して何かを学ぶことや、あるいは、勉強を通して生活のルールを学ぶこと、といった視野を広く持たせてあげるスタンスこそが大切であるとREOでは考えております。
人の話を最後まで聞けないと、理解しないままに先へ進んでしまうことが多くなり、例えば算数での計算ミスが増えたり、または国語の記述で最後まで文章が書けなかったりします。

忘れ物の多い生徒は、見直しをせずに答案を作成してしまうことが多くなりますし、ゲーム中心の生活をしていると、思い通りにならない作業への集中力が著しく低下します、文章を深く読む能力も養いづらいです。
また、約束を守るというルールが守れないと、宿題という約束事も守れなくなります。
なんでも他人から与えてもらっている甘えん坊さんは、自分で考える作業ができなくなり、なんのために勉強をするのか、と考えることもなく、言われなければやらない、という行動が確立されてしまいます。


REOは生活習慣の向上を視野に入れた指導を行います
個別指導塾が担当することは、もちろん国語や算数などの学習であり、決して「しつけ」ではありません。
しかし、生活習慣の向上を視野に入れながら生徒ひとりひとりと接することは忘れずに進めてまいります。小学生の段階で、学習効果の高まる生活習慣がつけば、中学生や高校生になってからは、放っておいても大丈夫でしょう。それくらい、小学生の時期の習慣というものは成長を大きく左右するものです。


公立中学生の定期テスト対策

中間テスト、期末テストの対策についてご紹介いたします

定期テスト対策で大切なのは「学校の授業をおろそかにしないこと」
中学生にとって、まずはなんといっても中間テストや期末テストといった定期テストの対策が大切です。中学生が勉強をするにあたり、常に目標となるのが、この定期テストでしょう。
定期テスト対策で大切なのは「学校の授業をおろそかにしないこと」につきます。定期テストでは学校の授業で習った内容が出題されるのですし、テストを作成するのも採点をするのも学校の先生なのです。


普段から学校の授業を聞いていれば、定期テスト対策をする必要はありません
普段から学校の授業をきちんと聞いていれば、あらためて定期テスト対策をする必要はないと言えます。
本来、定期テストとは、学校で行われた授業の理解度を図るもので、学校で習っていない範囲から出題をされることは、まずありません。


それならば、塾は必要ないのではないか?
「そんなことを言ったら塾は必要ないではないか」と言われそうですが、実際にその通りなのです。きちんと学校の授業を受けていて、理解ができていれば、塾は必要ないのです。
よく、定期テスト対策の参考書で「ポイント」が書かれていたり、またREOに限らず多くの塾で「予想」をしたりしますが、本来は「ポイント」などは学校の先生に聞いた方が確実なのです。そこをとらえ違えて、「学校の授業はわからないけれど、塾でなんとかなるだろう」と思ってしまっては、どんどん授業についていけなくなりかねません。

塾の授業は週に何回かですが、学校の授業は毎日あるわけです。塾よりも圧倒的に多い時間を学校の授業では費やしています。そしてその中で「テスト範囲」も「ポイント」も「予想」も、学校の先生が伝えてくれているはずなのです。


REOでは学校内容に即した授業を行います
決して、REOが塾としての使命を放棄しているわけではありません。
上記をふまえまして、REOでは学校内容に即した授業を行い、また定期テストの対策も講じてまいります。
苦手科目の場合には、過去の分野まで戻って復習から進めてまいりますが、その際にも学校のカリキュラムから外れることがないようにいたします。


学校の授業を軽視しない塾であるかどうかが重要と考えています
学校へ通えていなかったり、学校の授業に大きな問題があれば別ですが、そうでない限りは、学校の授業の大切さや、その価値を生徒達へ伝えていくことも塾の役割だとREOでは考えております。
それが、ひいては定期テスト対策にもつながります。
ただやみくもに、予想問題やポイントの解説をするのではなく、「学校の授業への取り組み方+定期テスト対策」をすることによって、生徒には自信と結果を導いてあげたいと思っております。


高校受験対策

神奈川県の公立高校の高校受験対策

もっとも多いご要望は「過去問を何回もやらせてください」
受験の直前期になっていただくお問い合わせの中で多いものの一つが、「苦手なところばかりで復習をしている時間などないので、とにかく過去問を何回もやって下さい」というご要望です。


しかし、過去問が効果があるのは「基礎学力がある」生徒だけ
そうしたご要望をいただく生徒の大半は、過去問を何回、いや何十回も解いたところで効果は望めません。むしろ、無駄な時間を過ごして実力も伸びず、自信のないままに受験を迎えることになりかねません。
基礎学力が身についている生徒や、評定で少なくとも「4」より大きい数値を獲得できている生徒であれば効果的です。
国語はある程度の地力や知識をつけてからでなければ過去問を行うこと自体に何のメリットもありません。理科や社会は、3年間分の暗記を総まとめし、さらに理解をしてからでなければ問題を「ヤマカン」で答えることになり、それに対して答え合わせをすることは、やはり意味をなしません。


まずは、目指す高校の設定、必要な点数を出し、過去問題に取り組む
どこの高校を目指すのか、そのために、内申点はどれくらいを目指し、入試では何点を目標に設定するのか、そのために、どの科目を、どの問題を確実に取りにいくのか。という、合格から逆算させた計画をたてて、入試対策を行う必要があります。
やみくもに、過去問を解いて、そして全ての答え合わせをして、「よかった」「よくなかった」と言っているだけでは対策になりません。
まずは、過去問に臨める態勢づくり、そして、志望校に合わせた目標設定と対策、が大切だとREOでは考えております。


個別塾だからできる、各生徒に合った対策
ただ過去問を解いてもらい、解説をするだけであれば、なにも個別である必要はありません。むしろ、集団塾で同じことは連日のように行われますし、インターネット授業などでも過去問の解説は聞くことができます。そのような形式でついていける生徒は、個別よりも集団塾で周りの生徒と競いながら過去問対策を行う方が効果的でしょう。

ついていけなそうであれば、個別指導の特性をいかしたREOのスタイルによる、万全の入試対策を是非ご検討下さい。学習ノウハウだけではなく、神奈川県の県立入試や首都圏の私立高校入試につきましては、豊富なデータがございますので、それをもとにした志望校の選定や対策も行ってまいります。


生徒の声

無料体験から始まった中学3年生K.Sくんの体験談をお届けします。

REOに通う生徒の声
横浜市 K.Sくん 横浜市立吉田中学校3年生のお母様より
公立中学校1年生の10月に入会  現在 週4コマ通塾中


無料体験学習を受けさせてみました
中学1年生の秋ごろ、定期テストで散々な結果を持ち帰ってきたため、主人とも話して無理やりにでもREOさんの無料体験を受けさせることにしました。
本人はかなり渋っており、「体験だけなら」ということで強引に教室まで連れていきました。
これまで何度か塾をすすめていても拒否をし続けていた子だったので、体験を受けさせるだけでも一苦労だったのですが、体験で勉強のやり方や勉強のコツなど基本的なことを教わるだけでも少しは足しになるかと思い、それが少しでも役に立てば良いなあという思いでした。


体験前は渋っていたのに、感想は「REOでやってみようかと思う」
無料体験の当日は、私もついていこうとしたのですが、「ひとりで良いよ」と言い張ったため、無事にたどり着くのかは心配でしたが、ひとりで行くのを送りだしました。
REOさんからは、「英語でも数学でもどの科目でも、わからない問題などは持ってきて良いですよ」と言われていたのですが、本人はシャープペンシル1本だけしか持たずに出て行ってしまいました。
しかし、無料体験を終えて帰宅した息子が「REOでやってみようかと思う」などと言い出したので、私は驚いてしまいました。


無料体験の結果、的確な指摘をいただきました
その後、REOさんからは無料体験についての報告を頂きましたが、「理解力は十分にあるし、やる気もある。
ただ、これまでに習った範囲が抜けている」と書かれており、そして、英語と数学について抜けていると思われる単元がいくつか挙げられていました。
復習によってそこをクリアしていくことと、ひとりでの勉強方法を身につけることが課題となるようで、本人もそれを聞いて少しは光が見えたのかもしれないなと思いました。


集団塾ではなく、個別指導という環境が気に入ったようです
無料体験の感想を本人に聞くと、「なんかいい感じ」という答えが返ってきました。それではわからないと具体的な感想を聞くと、「授業がめちゃめちゃわかりやすかった」「雰囲気が気に入った」とのことでした。授業がわかりやすかったというのは本人にとって久しぶりのことで嬉しかったようです。
雰囲気は、個室による個別指導ということで周りに他の子供達がたくさんいるような集団塾とは違った環境が、できの悪い本人には安心だったようです。


入会後は、自習を始めるなど、自主的な勉強時間が増え、成績もUP
正式に入会させてもらってからは、自習の利用などもさせて頂いていることもあり、勉強時間がとても増えました。
これまで全くと言っていいほど勉強をしていなかったため、やればやるほどテストの点数にも少しずつですが反映されてきました。それによって本人も自信をつけていったようで、入会当初に「2」だった英語と数学の成績が「4」をとるまでになりました。
いよいよ中学3年生になりましたが、この成績を維持するためや、さらにアップさせるためには、勉強のペースも維持しなければならないと言われていますが、現在のところ本人はあまり苦もなくREOさんへの通塾をこなしております。
授業後にはよく残って(またはREOの先生に残らされて?)自習をしてきますし、テスト週間には学校から帰宅するとすぐにREOさんへ向かっています。


進んで勉強するようになり、感謝しています
自宅で全く勉強をしなかった子が進んで塾へ向かうことなど考えてもみなかったのですが、どうやら本人はREOさんの雰囲気が気に入っているようです。
もちろん成績が伸びたのは教えて下さった先生方や担当者の方のおかげと思っているのですが、REOさんの雰囲気と本人との相性が良かったということも幸運だったなと思っています。
子供に合う塾を見つけるのは、なかなか難しいと言われていますが、その点では本当に有難かったなと思っています。
本人の高校受験が終わりましたら、その下にもっと勉強嫌いの弟がひかえておりますので、またREOさんへお願いしようかと思っています。兄に続いて、また大変なご苦労をおかけしますが、どうか今後ともよろしくお願いいたします。



使用するテキスト

塾で使用するテキストのご紹介

横浜のREO個別指導塾で使用するテキストをご紹介いたします。
目的に合わせたテキストを準備しております。
各テキストの費用は実費のみ(1,050円〜3,675円)となっております。
ご購入義務はございません。REOと相談しながら、必要なものを必要な時に使用いたします。


教科書準拠テキスト


小学生も中学生も基礎レベルの学習には、教科書準拠のテキストを使用します。
REOでの学習内容と学校での学習内容がリンクすることで、学校での授業を充実させることが目的です。


小学生教科書準拠テキスト



小学生の教科書準拠テキストは、小学校の教科書と同じ本文や似たイラストが豊富なので、学校の予習にも復習にも効果的です。
教科書に出てくる漢字の練習など、家庭学習や自習にも適しています。


中学生教科書準拠テキスト


中学生の教科書準拠テキストは、例題が多く、教科書内容の理解に効果的です。
教科書に出てくる英単語や漢字、また計算問題などは家庭学習や自習が行いやすく、また、定期テスト対策や入試対策にも繰り返し使用していきます。


中学生教科書準拠テキスト理科・社会


理科や社会など暗記科目の定期テスト対策も教科書準拠テキストは効果的です。
REOでの自習は、スタッフが質問への対応や答え合わせなどをいたしますので、教科書準拠テキストを使用した自習により、定期テスト対策も十分に行えます。


教科書準拠 確認テスト


学習が進むごとに、「確認テスト」によって理解度をチェックします。「習ったけれど時間が経過すると忘れてしまう」という生徒は少なくありません。
それぞれの生徒について、定期的なチェックを確認テストという形で行います。


小学生 標準テキスト


分野ごとの強化や、苦手科目の復習などには、単元別のテキストを使用します。
教科書内容よりも少しずつ幅を広げながら、演習も増やしていくためには単元別のテキストが適しています。
中学受験をするかどうか迷っている場合や、中学受験をしたいけれど基礎ができてない、というケースにも効果的です。


中学生 単元別テキスト


教科書レベルの確認や演習としては、単元別のテキストを使用します。英語や数学で苦手分野が多くて復習が必要な場合にも単元別のテキストが効果的です。
英語や数学で苦手分野が多くて復習が必要な場合にも単元別のテキストが効果的です。
テキストは「必修」「標準」「発展」と3種類のレベルが用意できますので、学習状況や目標に合わせて選別いたします。


プリント(REOオリジナル)


テキストだけではなく、REOオリジナルのプリントも使用します。
定期テスト前の時期には、「予想問題」なども準備して対策を行います。生徒の苦手な部分だけを集めたプリントを作成することもあり、テキストでは難しいオリジナル学習が可能です。


中学生用 自習用テキスト


自習用にはドリル形式のテキストを使用します。
授業中に行うことと、自習で行うことを、きちんとわけることで学習効率を上げ、自立心も養います。
中学生には教科書準拠のドリルを用意しますので、定期テスト対策には最適です。


中学範囲まとめテキスト


いよいよ高校受験の時期となれば、まずは中学3年間のまとめテキストによって総復習とチェックを行います。
超重要事項から応用問題まで洗い出すことで、基礎的な内容の復習をしながら高校入試対策につなげていくことができます。


県立高校入試対策テキスト


神奈川県の県立高校入試対策としては、神奈川県専用のテキストを使用します。
公立高校入試の問題傾向は都道府県によって変わりますので、神奈川県立入試に合った内容で対策をたてる方が効果的です。


県立高校過去問題

高校入試対策として過去問演習は必須です。
市販されている過去問題集や学校別問題集は、解答や解説の詳しいものを利用した方が学習効果は高くなります。
入試直前は、過去問演習と復習を繰り返して万全の態勢づくりを目指します。


県立高校 過去問題 分析表


神奈川県の高校入試は、毎年々々が同じ傾向というわけではありません。
例年通りのケースとなる科目もあれば、最近になって変わってきた科目もあり、その年ごとの分析は欠かせません。
REOでは、入試問題の傾向分析とともに、生徒の目標得点数を設定し、それに合わせてカリキュラムを組んで授業を進めます。


県立高校 独自入試 予想問題


独自入試の対策としては、まだまだ過去問が少ないため予想問題も利用していきます。
独自入試は、それこそ独自の対策をたてなければ結果を得ることが難しいため、志望校が決まり次第、その学校の対策に特化していきます。